« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »

2016年10月31日 (月)

摩文仁の丘

Dscn57331Dscn5741110月28日、千葉県南方諸地域戦没者慰霊祭に出席しました。10月後半にもかかわらず沖縄は夏日、暑かったです。千葉県議会自民党遺家族議員連盟の会長として、この慰霊祭に参加し今回で4回目となりますが、沖縄戦の激戦地であった糸満市の摩文仁の丘にある平和記念公園に立つと、戦争の悲惨さ、それを伝えていくことの大切さを痛感いたします。 

Dscn57221Dscn57301この公園の中に、「平和の礎」という沖縄戦で亡くなったすべての人の名前を刻銘した碑があります。戦後71年を経過し、人々の戦争の記憶が薄れていく中で、今なお新しい名前が刻まれ続けています。一家が全滅したりして消息が分からなくて、その後の調査で戦火の犠牲になった方々の名前が刻まれ続けています。2016年追加刻銘という言葉に、戦争の悲惨さと、まだ戦後は終わっていないということを実感しました。

Dscn57311「平和の礎」には、亡くなったすべての人の名前が刻まれていると書きましたが、この言葉は正確ではありません。名前のない刻銘もあるからです。人は生まれた時に親からの最初のプレゼントとして名前を付けてもらいます。親は子どもの幸せを願い、子どもに名前を付けます。名前は、個人を特定するだけではなく、個人が存在したという証でもあります。しかし、平和の礎には、名前がない刻銘があるのです。○○○の三女、○○○の長男、こういった刻銘がいくつもあるのです。戦火の激しい中で家族親戚が全滅し、子どもがいたという人々の記憶はあるが、子どもの名前がわからなくなっている場合、あるいは、生まれて間もないということでまだ名前が付けられていない場合など、礎には名前が刻まれません。しかし、確かに居たということを残すために、一つの生命が犠牲になったということを伝えるために、必要な刻銘であると思います。

大河ドラマ「平清盛」で歌われていた、後白河法皇が編集した「梁塵秘抄」の今様を思い出します。「遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ」、この刻銘の子どもは遊んだことがあったのか、戯れたことがあったのか、何のために生を受けたのか。戦争というものに、生まれたばかりの命が奪われた、輝く将来が奪われた、名前すらわからなくなっている、こんな惨いことがあった、日本で、71年前に、平和の礎に行った時、必ず考えることです。

Dscn57261Dscn57481沖縄はリゾート地として人気があるところです。しかし、我が国で唯一の地上戦が行われた地でもあります。摩文仁の丘、機会があれば一度訪れていただきたい場所です。そして、平和の大切さ、今の繁栄の陰に多くの命が失われていることについて向き合ってもらいたい、そう思います。

|

2016年10月24日 (月)

アクアラインマラソン2016

アクアラインマラソン2016も無事終わりました。私も3回連続となりますが、ボランティアとしてお手伝いさせていただきました(3回連続のボランティアは私と臼井正一県議だけです)。お手伝いの場所は、スタート前の給水所でしたが、会場は多くのランナーたちが集結し、スタート前の熱気は凄いものでした。ロンドンオリンピック代表の尾崎好美選手も給水所に激励に来てくれました。千葉県ならではの大会ですし、普段通行できないアクアラインを通行できるということもあり、人気の高い大会なので、抽選に外れた多くの方からもっと枠を増やしてほしいという要望もあります。2年に1度のこの大会が継続的なものになるかどうか、反省点をきちんと洗い出して、検討していただきたいと思います。

 Dscn57041 Dscn57091 Dscn57181

アクアラインマラソンが盛況である一方で、幕張地区などを会場として開催されていた、国際女子駅伝はなくなっています。マラソン、自転車など県が主催するスポーツイベントが県東、県南部に偏っている感じがするなか、駅伝がなくなってしまったことはとても残念です。交通状況等によって難しい状況もあるとは思いますが、県北西部でのスポーツイベントについても今後検討していただきたい、文教常任委員会でもそう指摘してきたところです。

Img060千葉県保健医療計画の一部改定に伴い、二次医療圏ごとの基準病床数が決定され、9月に病床配分の公募が行われました。浦安市が入っている東葛南部では、これまでの病床数10,876床から11,403床へ527床増えます。病床配分の応募では、527床に対して13者から1,094床の計画が提出されており、今後、医療審議会において審議され決定されます。浦安市では、高洲地区にリハビリテーション病院の誘致が進められており、この病床配分がその成否の鍵ともいえます。浦安市の医療体制の確立は、市として必要なことですが、行徳、葛西を含めた広域的な内容としても考えていく必要があるといえます。生活圏を考慮した医療体制の確立を目指していきます。

病床配分に係る事業計画書の応募結果について

千葉県保健医療計画の一部改定について

鳥取県で地震が発生しました。人的被害は少なかったようですが、建物等に大きな被害が出ているようです。一日も早い復旧復興をお祈りします。

|

2016年10月19日 (水)

議員提案の政策条例は議員の意思の表れ

9月定例会も終わりました。いろいろな理由があると思うですが、9月定例会の招集が遅く10月18日までかかったことから、終わったと思うと、すぐ12月定例会の準備が始まります。来年は知事選ということで、2月定例会が早めの招集となることが予想されるので、12月定例会が終わるとすぐ2月定例会の準備となります。結構タイトなスケジュール、少し検討していくことが必要かもしれません。

9月定例会では補正予算をはじめとした議案の審議が行われたのですが、この議会の特筆すべき点は、自民党から2つの発議案、議員発議による政策条例が提出されたことです。「AEDの使用及び心肺蘇生法の実施の促進に関する条例」「自転車の安全で適正な利用の促進に関する条例」が可決成立しましたが、6月定例会にも、「手話言語条例」を提出し可決成立させている、こういった状況はこれまでなかったことですし、千葉県議会として、ちば自民党として、政策立案という点で活性化してきていると感じています。

議員として、議会として、質問や要望によって施策、事業の実施、県民の負託に応えていくという手法もありますが、議会の権能として、政策システムの根幹となる「立法」=「条例」を制定していくという手法は、これまであまり使われていなかった気がします。しかし、制度がなければ作っていく、そういう気概がこの条例提出が増えた理由であるといえます。政策のプライオリティを付ける、予算の執行権は知事側にありますが、その執行権に物申すためにもこうした条例制定という手法はありだと思います。ちば自民党では、次の政策条例の立案作業を現在進めており、パブリックコメントを実施していますので、ご意見いただければありがたいです。

千葉県子どもを虐待から守る条例(案)についてご意見を募集します

議員発議による政策条例は、議会として議員として強い意思を表すものであると私は思っています。私も関わり、25年に制定した「がん対策推進条例」では、附則で3年ごとに条例について見直しの検討を行うようにしてあり、来年3月が見直しの時期となります。時期でなくとも法改正等があれば当然条例も改正されるべきでありますが、私たち議員の側からの思いとしては、知事の任期は4年、だからこそ、任期中に1回はがん対策の在り様についてきちんと考えてもらいたい、そういう規定なのです。条例制定のインパクトによる施策事業の推進だけではなく、漫然と条例があるという状態にすることなく、継続的に施策事業が推進されることを望むための規定です。前文を置く場合もありますが、そこにも考え方などを表します。議員発議の政策条例は、議会、議員の意思の表れ、覚悟を示すものである、私はそう考えています。

|

2016年10月13日 (木)

がんばれ 県立博物館

10月14日から12月4日まで、市川市にある県立現代産業科学館で特別展「出発進行 もっと・ずっと・ちばの鉄道」が開催されています。前日の13日に開催された内覧会に行ってきましたが、私がいくらか鉄道好きということもあるのですが、銚子電鉄「デキ3」の実物をはじめ、千葉の鉄道が勢揃いで、子どもから大人まで楽しくわかりやすく学べる展示となっています。ぜひ、皆様も行ってみてください。

Dscn5674 Dscn56771 Dscn5682 

千葉県には、県立の美術館、博物館が8つあり、それぞれが特徴を持った活動をしています。あまり注目されていないようですが、本当に楽しみながら学べる素晴らしい施設ばかりです。とくに、このところ、学芸員の活躍が目覚ましく、特別展の内容も充実しています。いくつか例を挙げますと、昨年の中央博物館で開催された、県内外の妖怪に関係する実物や絵画、古文書などを紹介した「妖怪と出会う夏」は多くの方々から評価を得た企画展でした。一回ヒットが出ると、やはりそこは気合が入って、次の企画もヒットする。今年の夏の「 驚異の深海生物−新たなる"深"世界へ−」も好評でした。こうした特別展の企画は子どもたちの探究心と向学心を満足させるものであり、さらなるヒットを続けていただきたいと思います。

博物館の役割として、研究活動というものもありますが、この研究という分野でも、大きな成果を上げています。中央博物館の研究員による新種のエビ「ダイオウキジンエビ」の発見、鴨川での新種のダイオウグソクムシの化石の発見など、この研究という分野でも、大きな成果を上げています。このほかにも多くの業績があり、こうした活動をより支援していくことが大切であると考えます。

県立の美術館、博物館は、千葉県の教育、文化分野において欠くことのできない施設でありますが、どうも今一つ知名度がない、ここに問題があります。もっと身近に感じられるよう、私もPRしていくとともに、内容の充実に向けた支援をしていきたいと思います。

千葉の県立博物館HP

中央博物館研究紹介コーナー

このブログを書くために、いろいろチェックしていたら、「県の石」というものを見つけました。日本地質学会が認定しているものですが、千葉県の岩石は「房州石(凝灰質砂岩・細礫岩)(主要産地:鋸山)」、千葉県の鉱物は 2011年に千葉県で発見された新しい鉱物「千葉石(主要産地:房総半島)」、千葉県の化石は「 木下貝層の貝化石群(主要産地:下総台地)」ということです。

日本地質学会 千葉県の石

|

2016年10月 6日 (木)

子どもを虐待から守る条例 意見募集

このところ、台風が日本列島を通過することが多く、各地で被害が出ています。昨日10月5日の台風18号では、強風のためJR京葉線の運行に影響が出ました。地盤の低い浦安市では、どの台風の時でも、風雨のほかに高潮が懸念されます。安全、安心な浦安市をつくっていくためには、護岸、排水機場の整備は必要不可欠なものであり、台風の大型化、ゲリラ豪雨などに対応していくためにも、こういった施策事業を進めていかなければなりません。見明川河口部の護岸、境川河口部への水門設置など、なかなか前進しない部分もありますが、引き続き取り組んでいきます。

増加する児童虐待対策を検討していくために、ちば自民党では、平成27年6月に政務調査会内にプロジェクトチームを設置しました。不肖、私が座長を務めております。27年度の県内児童相談所における対応件数は6669件、前年度は5959件、ここ数年伸び続けています。児童虐待に対する関心の高まりということで増えているということも言えますが、ここを見ていくとそうとも言えず、問題は深刻化しています。

自民党のPTでは、「子どもたちの命を虐待から守る」この一点をもとに、これまで調査研究を重ねてきており、昨年12月には、県議会として県当局に児童虐待対策の推進を求める緊急的な決議を行ってきました。その結果、この6月定例会の答弁でもあったように、老朽、狭あい化している中央児童相談所の移転をはじめ、様々な施策事業が進んできました。しかしながら、まだまだ対策は必要であり、千葉県全体として児童虐待の防止に取り組んでいくため、「子どもを虐待から守る条例」案を取りまとめたところです。ちば自民党ホームページで条例案を見ることができますので、皆様、ぜひご意見をお寄せください。

今回の条例では、児童虐待の早期発見、対応については、当然規定していますが、加えて、虐待を受けた子どもたちが自立していくための条項なども規定しています。啓発では、母子保健施策との連携、教育機関での教育の重要性なども規定しています。子どもが健全に育つための環境を整えていくことは県全体としての使命であり、そうした思いを前文に込めています。繰り返しになりますが、ぜひ、ご意見をお待ちしております。

「子どもを虐待から守る条例」の意見募集

・平成28年10月5日~10月31日
 ちば自民党ホームページからお願いいたします。

http://www.chiba-jimin.jp/activity/5212

|

« 2016年9月 | トップページ | 2016年11月 »