« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »

2016年12月20日 (火)

多言語表記

12月定例県議会も全議案の採決を行い閉会しました。今定例会では、私がプロジェクトチームの座長として、約1年半かけて調査研究を行い取りまとめた「千葉県子どもを虐待から守る条例」が上程され、賛成多数で可決されました。反対する方がいたことに驚きですが、その理由が条例をよく読んでいただければ理解してもらえると思っていた部分だけに、なんで反対するのか、信じられなかったのですが、主義主張の違いなのか、全会一致を目指していただけに残念です。条例の制定はスタート地点だということで、今後も児童虐待防止対策の推進を図っていかなければならないと改めて感じています。

外国人観光客の増加や2020東京オリンピック・パラリンピックに向けて、ということで各方面で多言語による表記が行われ始めています。公共交通機関でもそうした取り組みは進められているようで、ロンドンの地下鉄ほどではないにせよ、様々な取り組みが進められていることは素晴らしいと感じます。国土交通省も、平成26年に、観光立国実現に向けた多言語対応の改善・強化のためのガイドラインを公表しています。その中で「本ガイドラインは、特に多言語対応に焦点を当てて、自治体や国の既存のガイドライン(以下「既存のガイドライン」という。)の内容を踏まえて深掘りし、美術館・博物館、自然公園、観光地、道路、公共交通機関など、幅広い分野で共通する指針を盛り込んだものである。」とあり、場合によっては、ピクトグラム(絵文字)を加えながら外国人目線に立って進めていくことが重要だとしています。

浦安市を走るコミュニティバス「おさんぽバス」でもこうした取り組みが行われているようで、運転席脇の上部に「次は浦安郵便局」と表示されると、その後に、こどもでもわかりすいように「うらやすゆうびんきょく」とひらがなで表記されます。そして、同時に「UrayasuYubinkyoku」と英語表記されます。さすが、国際都市・浦安だと感心したのですが、どうも納得がいかない。次は「Tomioka chugakkou」というところで気づいたのですが、これはローマ字表記で英語表記ではない、ということです。浦安郵便局は英語表記ならば、「Urayasu post office」でなければ、英語圏の人にはまったく意味が通じない。停留所名ということで固有名詞として扱ったのかも知れませんが、意味が通じるとは思えない。外国人に、音として「うらやすゆうびんきょく」と聞こえたら降りるんです、と教えた時以外は、ちょっと違うと私は思います。もっと考えていかなければいけないと思います。

観光立国実現に向けた多言語対応の改善・強化のためのガイドライン(国土交通省)

|

2016年12月14日 (水)

皆さんの今年の漢字はなんですか?

12月も半ばを過ぎ、今年も残すところわずかとなっています。今年を象徴する漢字は「金」ということですが、この「金」という漢字はすでに2回選定され、今年で3回目となります。漢字を選ぶことについては異議はないんですが、オリンピックのあった年は「金」で決まるようでは「ひねり」が無さすぎの感もあります。みなさんも自分にとっての今年の漢字を考えてみるのも、一年を振り返る意味で良いと思います。私にとっての今年の漢字は、まだ決められないでいます(笑)

Dscn49881Dscn50161一般質問から、いくつかご報告します。まず、境川のスカム対策についてです。境川では、春先から夏にかけて急激な気温の上昇によって、このスカムという物質が大発生します。このスカムとは、川床に堆積した汚濁物質が有機物の分解などによって発生するメタンガス等の浮力によって浮上したもので、景観的に問題となるだけでなく、悪臭を放ち、川に面した住宅では窓も開けられない状況となることから、多くの市民の方々から何とかしてほしいとの要望が寄せられています。抜本的な対策としては、雑排水の流入を防ぐこと、そして、川底の蓄積された底泥を除去すること、この2つに尽きるわけですが、境川の空間整備事業が完了に近づいている中で、進めていかなければいけない、そうしないとせっかく市民の憩いの場としても整備が進められている事業が台無しになってしまう、そんな思いがあります。県土整備部からは、今年度内に、江川橋から上流側の約1キロメートルの区間において川底の底泥の厚さの調査を実施し、残りの区間については、来年度、境川への水路からの流入状況を踏まえ、必要な箇所の調査を実施する、との答弁が出ており、早急な対策を引き続き要望していきます。

浦安市において、東日本大震災時にはいろいろなことがありましたが、中でも、「水の確保」については、市民生活に直結する問題ですので、対策は急務であることから、耐震化の進捗状況について当局の考え方を質しました。当然、耐震化については進めているところでありますが、まだまだ100%には遠い状況です。浦安市関連としては、妙典給水場から浦安市内に通じる幹線管路については、妙典~東野線及び妙典~舞浜線で、この2路線の平成28年度末の耐震化率は65.2パーセントとなる見込みとの答弁があり、引き続き、更新に取り組んでいくとの方向性は示されています。ただし、浦安市は給水区域の端に位置しており、取水から給水まですべてが耐震化されなければ、不安は付きまとうところです。そして、災害時における応急給水について、どのように考えていくかについても、より細かな計画をつくって、災害時に対応できる体制を考えていただくように要望しました。

震災から間もなく6年が経過しますが、浦安市の復興はまだまだ道半ばです。災害に強く安心して暮らせるまちづくりを進めていくためには、浦安市の役割、千葉県の役割をきちんと考え、協調して問題にあたっていくことが必要だと考えています。この考え方は、浦安市民の暮らしの質を高めていくためにも同様であると、私は考えています

|

2016年12月 7日 (水)

言い続けることが大切

12月定例県議会も本会議での論戦が行われています。私も12月2日に一般質問で登壇しました。浦安市の課題、千葉県としての課題、それぞれありますが、項目としては5項目について、県当局の考えを問いました。5項目の内容は、「河川環境整備について」「障害者スポーツレクリエーションセンターについて」「県営水道事業における震災対策について」「道路のバリアフリーについて」「企業土地管理局事業について」です。これらについて、納得できる部分、できない部分、様々ですが、どうしても納得できない部分が河川環境整備の中で取り上げた旧江戸川の浚渫問題です。

旧江戸川河口部、厳密にいうと舞浜沖の海域になるのですが、浦安の地形の成り立ちが三角州であることからも分かるように、上流からの砂などの堆積によって、非常に浅くなってきており、船舶の航行に影響が出ています。しかし、都県境等の問題もあり、浦安市の海岸は、千葉港の港湾区域にも東京港の港湾区域にも入っていません。あえて言うならば、外房九十九里の海岸と同じような位置づけ、一般海岸となっています。港湾区域であれば航路等も設定され、船舶の接岸等のために公的に浚渫が行われます。漁港の指定があれば、水産振興という名目でやはり公的な浚渫が行われます。しかし、一般的な海域であるために、浚渫は事業者が行うこととなります。この原則はわかりますが、中小企業者である船宿に浚渫を行うことは現実的に無理です。

旧江戸川の遊漁船は、浦安市側だけで年間3万人が訪れる観光地であり、対岸の江戸川区を合わせれば、5万人近くの入込がある、東京湾奥部の観光拠点です。観光の振興という点からはどうか、という問いにも県当局は「できない」の一点張りです。市川市の広尾には防災公園もあり、緊急物資輸送のための岸壁も整備されています。しかし、干潮時には船舶が航行できないこともありうるのです。原理原則だけではなく、県民視点で考えていくことはできないものか、再三の申し入れに対しても「できない」の一点張り。ぜひ、オール千葉県で知恵を出してもらいたいものです。

2016120418150000さて、12月4日、浦安三社若衆合同の砂っぱたき大懇親会が開催されました。ホテルの会場に大きな神輿が…。半年前の大祭を振り返りつつ懇親を深めましたが、浦安元町の人たちの祭りにかける思いを再認識しました。4年に一度の大祭、大事にしたい行事です。

|

« 2016年11月 | トップページ | 2017年1月 »