« 2017年1月 | トップページ

2017年2月19日 (日)

浦安ダイスキPLAN

浦安ダイスキPLAN「浦安未来構想」

ぜひご一読ください。

Img_07771_3

|

2017年2月 3日 (金)

すべての人に「浦安大好き!」と言っていただけるまちに

私は、浦安が大好きです。大好きだから、このまちをより暮らしやすく、そしてより豊かにするために、これまで活動してまいりました。
このまちに「住む人」、このまちで「働く人」、また、このまちを「訪れる人」、すべての人に「浦安大好き!」と言っていただけるまちをつくっていきたい、それが、今回の立候補の根底に強くある想いです。
時代の変化の中で、この浦安も陸の孤島と言われた漁師町から、全国一の鉄鋼流通基地のまちとして、東京ディズニーリゾートのあるまちとして、そして首都圏屈指の良好な住環境を誇る住宅都市として発展しました。今、浦安が、全国に名の通る素晴らしい
まちとなったのは、先人たちの努力の賜物であり、市民の皆さんが主体となったまちづくりの成果であると思っています。
私は、浦安の元町に生まれ育ち、浦安市役所職員として、中町・新町の開発に関わりました。その後、浦安市議会議員、千葉県議会議員として活動させていただき、通算二十九年にわたり、浦安のまちづくりを「仕事」としてきました。他の仕事と同じようにまちづくりもまた、決して完成することはありません。ひとつの成果を次への礎として、浦安をより良く、より豊かなまちにしていくこと、それを追求し続けた二十九年でした。
 
忘れることのできない、 東日本大震災。
県議会の最終日、あわてて浦安に戻ってきた私の目に飛び込んできた光景は、今でも忘れることはできません。震災から6年が経とうとしている今、市民の皆さんの生活は震災以前の日常を取り戻しているように見えますが、未だ市内には多くの震災の傷跡が残っており、浦安は復興の道半ばにあると私は考えます。液状化対策、境界査定作業、被災したままの第1期護岸の再整備など、被災を乗り越えた強い都市として再生する歩みを力強く進めていかなければなりません。
復興のなかで積み残されている課題にも、真正面から取り組む必要があります。
千葉県で唯一浦安に存在する密集市街地の再整備についても、住民の意見を聴きながら、元町としての風情を残しつつ、進めていくことが必要です。また、浦安は有史以来、高潮の被害に遭ってきましたが、数年前に新町地域でも浸水災害が発生しており、その対策も手が付いていない現状があります。
市民の、生命、財産を守ること。これは行政の根本にある責務であり、最優先で取り組むべき課題であると考えます。
少子高齢社会が進んでいく中で、福祉、医療、介護、子育てなど、市民一人ひとりの生活に直結する課題にも的確に対応していかなければなりません。そのためには、市民と行政、企業、関連機関などがきちんと役割分担し、連携を図っていく必要があります。
浦安市は子育てしやすいまち日本一と評価されています。病児保育など女性が働きながら子育てできる環境をさらに整えていくことは当然であり、これまでの政策を後退させることがあってはならないと考えます。
それと同時に、高齢者の方も障がい者の方も、すべての方が、安心して活き活きと暮らすことのできるようサポートしていかなければなりません。
更に、子どもたちが自分の夢を実現させるための、学びの手助けができる教育環境をつくっていくことも必要です。誰もが自分自身のライフスタイルを実現できること、それは人が輝くことであり、まちが輝くことに通じます。浦安の輝く未来の実現は、私たちの共通目的ともいえます。
決して、ひとつひとつ独立した課題として捉えるのではなく、総合的に取り組んでいくことが大切であると思います。
 
利便性という面からも、もう一度、この浦安を見直していかなければなりません。
パスポート発給事務の移管に象徴されるように、国、県、市の関係が変わっていく中で、市の事務として移管できるものについては、それが住民サービスの向上につながる限りは、積極的に市が取り組むべきと考えています。
また、利便性という意味では、京葉線のりんかい線との相互直通運転、新町地域の商業施設の存続など、これまでの経験をもとに、強い意思をもって交渉にあたる決意です。
市内鉄道三駅についても、機能向上を図る必要があります。長年にわたり再整備が課題とされてきた東西線浦安駅だけではなく、バスベイや自家用車の発着場所が足りない新浦安駅、北口の開発が手付かずのままとなっている舞浜駅の再整備も考えていかなければなりません。
 
このほかにも、海辺のまちとしての海岸の開放と利活用、三番瀬との触れ合い、第2湾岸道路の問題、観光の振興、仮称堀江橋の架橋、東京オリンピック、パラリンピックの波及効果をどう取り入れていくか、など多くの大きな課題も存在しており、それに果敢に取り組んで行く覚悟です。
 
私は、これまでの市勢発展の流れを止めることなくさらに発展させていくことと、施策事業についてもう一度市民目線で見直していくこと、すなわち「継続と刷新」を同時に行っていくことが、十年後、二十年後の輝く浦安市にとって必要なことであると思います。
そしてまた、このまちに「住む人」、このまちで「働く人」、またこのまちを「訪れる人」、すべての人の「浦安大好き!」を目指し、一丸となって職務にあたる市役所をつくってまいります。
2017年2月3日
千葉県議会議員 内田えつし

|

« 2017年1月 | トップページ